TOP 介護保険制度 福祉用具のレンタル・販売 住宅改修 福祉用品の選び方 介護保険 Q&A 会社案内
HOME>>福祉用具の選び方>>ベッド
 
ベッドの選び方
家庭で介護する場合は、家族の人とともに介護するので介護される方の「身体状況」「介護する方の年齢や性別」「部屋の広さ」などを十分考慮してベッドを選ぶ必要があります。
●●2モーターベッド

背上げと足上げが連動して同時に動きます。
2モーターは足だけ元の位置に戻すことが出来ません。
背と足が上がった状態でベッドから下りようとすると腹部に負荷がかかるため、ベッドから離れる場合は介助を必要とします。
●●3モーターベッド

背上げと足上げを別々のボタンで操作できます。ベッドから離れる場合は、足だけをもとの位置に戻し、そのままベッドから足を下ろすことができます。ひとりでもスムーズにベッドから起き上がれます。
 
【選び方】
使用するベッド本体のサイズ(全幅×全長)を確認します。また、同時に使う機器のサイズも合わせて検討しましょう。
寝返りを打つとき人は肩を軸にしてからだを回します。その点を考慮してマットレスはゆとりのあるものを選び、睡眠中の安全性や快適さを確保しましょう。
起き上がる、立ち上がるといった動作をサポートし離床につなげる機能を持つのが電動ベッド。モーター数により離床する際の動作に次のような違いがあります。選ぶときはご利用者の生活状態を確認しましょう。
■背上げ
身体の体力が少し落ちてきた方や、起きあがりに少し不安のある方が利用すると、ベッドから降りる時や、食事や読書のときに便利です。
■背上げ脚上げ連動・脚上げ
背上げと同時に脚上げができるベッドは、起き上がったときの姿勢がずれにくくなります。背上げと、脚上げが別々にできるベッドは、自分の好みに応じて姿勢がとれる他、例えば背上げは、尿器の使用に、脚上げは足のむくみを取るときに使えます。
■高さ調節
望ましい高さは、介護される方がベッドから移動できる場合は、かかとが床に着くぐらいの立ち上がりやすい高さで、35cm前後です。寝たきりの場合で、介護する人が介護しやすい高さは、腰をかがめなくてもよい60cm前後です。
お問い合せ サイトマップ